オーダースーツのe-tamastyleではオーダースーツのご注文をインターネットでお受けしております。お気軽にお問い合わせください。
オーダースーツ・シャツ/オンラインショップ
オーダースーツのe-TamaStyle 東京近郊無料出張!無料で採寸に伺います!
スーツスタイルメニュー
超クラシコ イタリアン・クラシック 細身スーツ ブリティッシュ アメリカントラディショナル
コンフォート クラシック ダブル6×2 ダブル4×2 マオカラー
フォーマル ウェディング・フォーマル 高級オーダー レディスオーダー オーダーワイシャツ
トップページ
初めてのお客様へ

イータマスタイルは
こんなお店!
無料採寸出張サービス
無料生地サンプル請求
会社概要
お問い合わせ
プライバシーポリシー
店舗案内
玉屋国立本店のご案内
国立本店ご来店マップ
SHINOHARA DESIFN 玉屋神保町店のご案内
神保町店ご来店マップ
【携帯サイトOpen】
モバイルサイトはこちら→
http://www.ordersuit.mobi/
ショッピング
ご注文方法
価格とstyleのご案内
オーダースーツ
ご注文フォーム
スーツの出来上り予定日
お支払い方法
郵送方法
お直し・返品について
通販法
トピックス

ご愛顧感謝のプレゼント

スーツの豆知識
こだわりのマイブーム
リンク集
オーダースーツのご紹介
オーダースーツ お客様アルバム
オーダースーツのベストスーツアルバム
マイブーム
こだわりのマイブーム
プレゼントコーナー

日頃のご愛顧に感謝して!
産直・桃プレゼント!!>>

東京近郊無料出張サービス
お近くのお客様に・・・・
採寸無料出張サービスを
はじめました。>>
詳しくはこちら
スタッフ紹介
いつも新しいスタイルのご提案を心がけております。
お近くの方はぜひご来店ください。
お気軽にお問い合わせ下さい
042-572-1815
営業時間 10:00〜20:00
オンラインショップマスターズクラブ
スーツを選ぶ際のポイントは、どのような場所で、どんな目的で、どの時期に着用したいかを明確にすること。
ここでは入学式、卒業式、成人式または就職活動でのリクルートスーツとして初めてスーツを購入される場合のスーツの選び方をご紹介いたします。

初めて選ぶスーツは、最も基本的な形、色、柄を選びましょう。

ベーシックなネイビー(紺)無地のシングル3つボタンスーツ

シングルの3つボタンモデル
イギリスの伝統スタイル、ブリティッシュ3つボタンモデルは2つボタンに比べVゾーン(衿あき部分)が狭いので胸元が引き締まった精悍なイメージに見えるのが特徴です。


●3つボタン2つ掛け
ボタンの掛け方は、改まった場面では上の2つのボタンを掛け、リラックスしたい時は真ん中のボタンを1つだけ掛ける。(一番下のボタンは絶対に掛けない)

●両玉フラップポケット
腰ポケットは水平に付けたフタ付きのポケットが基本。

The First Suit
53,000円


●ノッチドラペル
シングルスーツの衿型の基本。


●ハコポケット
ビジネススーツの胸ポケットの基本。


●袖ボタン3つ
袖のボタンの数は3つが基本。

 


●センターベント
背中の中央から裾に入った背の開きで、一番おとなしい控えめなデザイン。

●背抜き
ジャケットの内側の裏側全面に裏地を付けたものを総裏といい、背抜きは背中の部分の裏地をなくしたライニング。長いシーズン着用したい場合は背抜きがオススメ。

 

ワンタックのシングルカフスモデル
パンツにはフロントにタック(プリーツ)があるタイプとないタイプがあり、また裾口にはカフ(折り返し)があるタイプとないタイプが存在します。自分の体型にあったデザインを選びましょう。
●フロントタック
標準型&痩せ型の体型の人は、スリムなシルエットのタックの少ないタイプが似合います。
▼ノータック     
▼ワンタック
下腹が気になる人は、ウエストから腹にかけて余裕のあるタックの多いタイプが無理なくはけます。
▼ツータック

●裾口デザイン

シングルカフスは、ドレス感の高いスーツの足元をスッキリさせるデザイン。

ダブルカフスは、パンツの裾を折り返したデザインで、カジュアル度の高い柄ものスーツ、またはベージュやライトグレイなどの薄い色のスーツの足元にポイントを作ります。

カフ(折り返し)の幅は、4.0〜4.5cmくらいが適切とされますが、身長や股下の長さで、幅の太さを判断します。

裾幅は、やや細めの23cmくらいがよいでしょう。

パンツの丈は、長すぎず短すぎない、靴甲に軽くかかるハーフクッションかワンクッションくらいがよいでしょう。

※極端なデザインはなるべく避け、長くはけるデザインをオススメします。

 

3シーズン着用できるネイビー(紺)の無地が基本
スーツを着る目的と季節をはっきりとさせておきましょう。

スーツ素材の着用時期は、大きく分けて春夏素材と秋冬素材に分かれ、生地の厚さ薄さにによっては3シーズン着用できます。重要なのはどちらの季節に着るかだけは明確にしておきましょう。

ネイビー(紺)スーツは、最も基本的なスーツです。ネイビーという色は、知的で清涼感、高感度が高いというイメージがあり、入学式、成人式、結婚式、就職活動など晴れの場で活躍するスーツです。他の色としては、チャコール(濃い)グレイかブラックがよいでしょう。

柄は無地が基本ですが、遠目に見て無地に見えるような目立たない柄(ピンストライプ、マイクロチェック、ピンチェック)なら大丈夫です。(※柄ものスーツは、柄が大きくなるほどカジュアル度が強く、着こなしも難しくなります。)

生地サンプル

ネイビー チャコールグレイ ブラック
無地 無地 無地
ピンストライプ マイクロチェック ピンチェック
ピンの先が並んでいるようなごく細かいストライプ 遠目ではチェックか無地かわからないような小さいチェック 針の先でつついたようなごく細格子柄


※ 初めてのスーツは、基本的にあまり目立たない柄の方が良いでしょう。生地サンプルは、この他にも多数取り揃えております。

■The First Suitのご注文は、初めてスーツをご購入される方(ご入学、成人式、リクルート用など)のためのスーツですので、当店スタッフが丁寧にアドバイスと採寸をいたします。ご安心してご来店ください。

■The First Suitにあったシャツのデザインとタイの結び方をご覧になりたい方はこちらをどうぞ
↓  ↓  ↓
無料出張サービス
 
ページトップへ
Copyright © 2006 e-tamastyle All Rights Reserved.